« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

9月22日 午前便 マスタッシュ シーバスガイド

130922kamasu2130922kasago
130922magoti_2130922magoti2_2
130922magoti3130922seabass74cm
130922seabass74cm2
フィールド:東京湾ボートガイド
アングラー:穴井様、浅倉様、相良様
【コメント】潮どまりの時間からのスタートなので、
潮通しの良いポイントをランガンで攻めていきます。

途中良型のバラシはあったものの、
朝一はあまり魚の反応が良くありませんでした。

少し潮が利き出したところで、台風前に良かったポイントに入ると、
イナダ、カマスが、コンスタントに釣れ続き、
外道にカサゴも混じりました。

潮が本格的に動き出した所で、
シーバス狙いに昨日良かったポイントに入りますが、
昨日とは打って変わって、ジグには反応がありません。

メタルバイブには単発ですがアタリがあり、そこで出た良型が

潮が再び緩んできたところで、最後の締めにマゴチ狙いに移動。

30~55cmのマゴチを1時間で5枚、
メガバス・ドスントン+スピンドルワーム3”で釣って終了となりました。

今回のガイドは、シーバス、マゴチ、イナダ、カサゴ、カマスと、
ルアーで5目達成となりました。

| コメント (0)

9月22日午後便 マスタッシュ シーバス、青物、マゴチガイド

130922inada130922kamasu
130922unagi
フィールド:東京湾 ボートガイド
アングラー:市川様、宮谷様
【コメント】
連休の中日ということで道が混み、
お客様には渋滞で苦労して、羽田に来ていただきました。
本当にありがとうございました。

最初は潮の緩い時間からということで、やはりマゴチからスタート。
私がマゴチ2枚釣ったところで、いきなり市川様に強烈な当たり。
エイかと思わせるトルクフルな引きですが
頭を振るゴツゴツ感があり明らかに違った魚種の様です。

上がってきてビックリ、なんと90cmのウナギに
スレ掛かりでヒットしていました。
フットボールジグのドスントンで、リフト&ホールの釣りですから、
何もないところで掛かる確率は非常に低いと思われます。
やはりルアーにアタックしてきて掛かったのでしょう。
私の30年のシーバスガイドでも初めての経験でした。
天然の日本産ウナギの資源が枯渇している折、
グアムまで産卵に行ってもらうためにも、リリースしました。

潮が動いたところでシーバスを狙いに行きますが、
釣れてくる魚の型も小さく、アタリも散発の為、
狙いを青物に変更しました。

この頃からいきなりの豪雨と、強風に見舞われ、
風裏に避難しながら、状況が好転するのを待って、
ポイントに入ります。

ベテランの市川様はコンスタントにイナダ、カマスを掛け続けます。
宮谷様は小学生の頃から、久しぶりのルアーフィッシング
ということでなかなか調子に乗りきれません。
しかし最後にはパターンをつかみ本日の最大魚を釣って、
市川様とのダブルヒットとなりました。

| コメント (0)

9月21日 マスタッシュ・、マゴチ シーバスボートガイド

130921magoti130921magoti2_2
130921seabass130921seabass72cm
アングラー:桝田様、山辺様
潮どまりからのスタートということで、まずはマゴチ狙いから。
一流し目から山辺様に58cmがヒット。
今年の夏はマゴチの湧きが良く、7月からずっと釣れ続いています。
例年ですと、9月いっぱいは楽しめるのでまだまだ行けそうです。
釣り方はメガバスのフットボールジグ・ドスントンに
スピンドルワーム3”の組み合わせで、ほとんどバスフィッシングです。
その後、私が2枚追加、まだまだ釣れそうですが、
潮が動き出したので、シーバス青物ポイントに移動。
台風前に入れ食いだったポイントは、風雨で底荒れしたのか、
相変わらず4~5cmのカタクチイワシの群れは、
大量にいるものの、青物、シーバスの姿が見あたりません。
しばらく、魚を探す内に少し深いところに魚がいることを発見!
ここでベテラン桝田様が怒涛のラッシュとなります。
40~50cm台のシーバスが、一時期入れ掛かりとなりました。
更に、前回のガイドよりランカーを釣られる山辺様、
今日も好調で72cmをゲット。
その後も、小型ながらもサバ、イナダも混じり
パターンは変わりましたが、好調な東京湾でした。
ヒットルアー
ジグ:スパイラルフォール50g、銀平60g、アンチョビット60gなど。
テールスピン:湾ベイト29g、ドップラー25g、40gなど。
バイブレーションプラグ:湾バイブ26g、ビックバッカーなど。

| コメント (0)

9月20日 相模湾キハダマグロ

130920kihada130920kihada_tackle
130920zbladz_2

フィールド;相模湾 長助丸
アングラー:徳永兼三
【コメント】
長井・長助丸さんよりキハダマグロを狙って釣行しました。
それまでの釣況があまりによかったので、台風明けの荒食いを狙って、
思わず予約を入れてしまったのです。
先週は若干の調子の上下があるものの、ほぼ毎日のように
各船宿でキハダマグロが釣れ続き、特に13日の金曜日は今季、
最高という状況でした。
釣行中にお客様が固定カメラで写していたビデオには、
撮影時間40分中30分はマグロのボイルが映りっぱなしという
すさまじいものでした。
20日は、台風17号が豊橋から上陸し、関東地方を16日に襲ってから
4日後の釣行、台風の濁りで18日、19日と激渋だっただけに
少し不安な出航となりました。
当日はマグロの食みが散発で、なかなかその食みに追いつけず、
目の前で沈んでしまう中、船長の抜群の操船で一番乗りで
ボイルにつけてくれました。
発売以来、マグロのキャスティングゲームで抜群の成績を上げている
沈下系プラグ、メガバス・XBLADZをここしかないだろうというところに
入れると一撃でバイト。
10分ほどのやりとりで上がってきたのがこの魚でした。
詳しくは11月15日発売のソルトワールドに掲載予定です。
相模湾は表層水温がまだ25~26度あり、この濁りが取れたら
荒食いの期待大です。

使用タックル
ロッド:メガバス・トリジア86T
リール:ダイワ・キャタリナZ6500、ソルティガギヤー改
オーシャンマークNoLimit6300
ライン:よつあみ・ウルトラキャストマン フルドラッグ6号
ショックリーダー:ナノダックス130lb
ルアー:メガバス・XBLADZ40g
フック:がまかつ・SPXH1

| コメント (0)

9月14日 マスタッシュ・シーバス&青物ガイド

130914magoti1_2130914magoti2
130914magoti3130914magoti4
130914magoti_tokunaga130914magoti_tackle
130914magoti5130914magoti_dosungtong
130914kurodai130914kurodai2
130914inada1130914inada
130914inada_tokunaga130914seabass
フィールド:東京湾 ボートガイド
アングラー:石井様2名様、下重様
【コメント】最初はマゴチ狙いからスタート。
先々週は青潮が出てマゴチの活性も低く、
シーズン終わりかと危惧されましたが、
アタリも多く、まだまだ行けそうです。
ちょっとしたコツですが、マゴチに対するルアーの動かし方を
マスターしていただくと、アタリが集中。
60cmアップを頭にダブル、トリプルヒットも続き、
2時間でトータル13枚の釣果でした。
後半戦はジグヘッドワームでクロダイの落とし込みにチャレンジ、
全員初めてなので、レクチャーしていた私の1投目に48cmがヒット。
慣れている方ならば結構釣れそうな雰囲気でしたが、
石井様が初チャレンジで、初ゲットしていただきました。
最後は青物狙いにシフトするとイナダ、サバが
ミノ-、トップウォータープラグで入れ食い。
ヒットルアーはマゴチ用、ドスントン+3”スピンドルワーム、
クロダイ用、スピンドルワーム4”カット+ガマカツ211ジグヘッド
青物用、メガバスSW110Jr(プロト)、BayDrif湾バイブ
ジャッカル・ビックバッカーetc.

| コメント (0)

9月7日午後便 マスタッシュ・シーバス&青物ガイド

130907pm_magoti130907pm_kurodai_2
130907pm_seabass_3130907pm_inada
フィールド:東京湾 ボートガイド
アングラー:市川様、田中様、柳田様
【コメント】本日はベテランの市川様のお誘いで
田中様と柳田様に遊びに来ていただきました。
田中様は普段堤防のヘチ釣りでクロダイを釣っていらっしゃるということで、
ぜひボートからクロ鯛を狙いたいとのリクエストでした。
柳田様は10年以上前に渓流釣りをされていたとのことですが、
リールを使った釣りはほとんどされていないということでした。
田中様、柳田様ともにルアー釣りは全くの初めてということで、
キャスティング練習を兼ねて、まずはマゴチ狙いでスタート。
最初の一流し目で、いきなり柳田さんが62cmのマゴチをゲット。
ルアーはもちろん定番メガバス・ドスントンに3”スピンドルワーム。
キャスティングがそこそこ出来るようになったところで、
本命のクロダイ狙いに移動。
ルアーはこれまた東京湾クロダイ落とし込みの定番、
4”スピンドルワームのカットに、がまかつ211ジグヘッドの組み合わせです。
最初のポイントで釣り方の説明がてら
私がキャストしたルアーに、2投目で48cmがヒット。
クロダイ狙いが初めての方でも釣っていただくのは十分可能です。
しかし、今回ルアー釣り自体が初めてのお二人に、
1時間以内でクロダイを釣っていただくのには、少し時間が短すぎるので、
シーバスとイナダに狙いを変更。
結局、小さいながらも全員シーバスゲット。
最後に市川様にイナダも釣っていただき、マゴチ、クロダイ、シーバス、イナダ、
本日は、東京湾ルアーガイド体験釣行でした。

| コメント (0)

9月7日 マスタッシュ・シーバス&青物ガイド

130907inada1_2130907inada2
130907inada_slidewobbler130907inada_slidewobbler2
130907kasago130907seabass1
130907seabass2130907seabass3
フィールド:東京湾 ボートフィッシングガイド
アングラー:佐藤様、西澤様
【コメント】朝一は、潮どまりまで時間が短く、潮待ち兼ねて
少しでも水の動くエリアでシーバス狙い。
Doppler40gを使用して中層をゆっくり探ると良型が立て続けにヒットするが
ショートバイトですぐにばれてしまいます。
時合いを見て、ここ数週間調子の良かった青物、シーバスポイントへ移動。
あたりは一面の鳥山で、1~2kgクラスのイナダが面白いようにヒット。
1時間以上楽しく遊んだら、今度はシーバスポイントへ移動。
ここもまた、50cmまでと小型ながらもトップウォータープラグで入れ食い状態。
東京湾の中はすでに秋モード全開です。

| コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »