« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

6月17日 玄界灘クロマグロ

130617kuromaguro190_1130617kuromaguro190_2
130617kuromaguro190_fight
フィールド:九州 玄界灘 オクトパスにて
アングラー:西嶌様
釣果:クロマグロ190kg(ワタヌキ)
【コメント】相模湾で108kgのクロマグロが上がったのと
時を同じくして九州 玄界灘でも190kgというとんでもないモンスターが
上がりました。
釣人のお名前を拝見すると当店WebShopをご利用いただいているお客様と
同姓、これはと思いご連絡を差し上げると正にご本人様でした。
「当日は福岡のガイド船、オクトパスさんよりの釣行で玄界灘、七里が曽根に
むかいました。ポイントでは非常に良いボイルがでており、5艇ほどのガイド船が
それぞれにヒットしていました。
沈下系のルアーをボイルに投げ入れると一気に200m走られ、船で追いかけました。
途中何人かで交代して2時間40分のファイトの末、魚体が見えましたが
悠々と泳ぐマグロにキャプテン横田さんの判断で勝負に!
船&マグロそれぞれ5ノット位でスピードが同調し水面下2m位のところで
モリを撃ちこみ(キャプテンははおも舵おもて付近でモリを撃ちこみ、
トモまでひきずられましたが )見事に仕留めました。
しかし、これからが更に大変。
エラからギャフ&ロープ&尻尾にロープを掛け、大人8人渾身の力で掛け声をかけ合い
15分後どうにか船上に上げることができました。」

【使用タックル】
ロット :MC works  SM777CR
リール:SHIMANO Newステラ1400XG
ライン:PE 6号
リーダー:バリバス130LB
ルアー:サーディンボールカタクチ59g
釣果情報を載せるにあたり情報をいただきましたオクトパス横田様
ありがとうございます。横田様のコメントをホームページより
掲載させていただきます。
「今回のメモリアルフィッシュは同船者全員一丸となったフルパワーにより
実現できた事でありチームワークの大切さを実感させられた一日でした。
現場でしか体験・実感できないすばらしさ、又一つ勉強になりました。
ありがとうございました。」

| コメント (0)

6月21日 相模湾キハダマグロ

130621kihada1130621kihada3
フィールド:相模湾 長助丸
アングラー:大矢様、小林様
【コメント〕今日は曇天無風という絶好の条件。
誘い出しで2人7発のあたりで3本ゲット。
ばらした中には50kg級もいてこちらは残念ながらフックアウト。
釣り上げたのは10~28.5kgでした。
ロッド:  カーペンター 84/18
リール: ソルティガ6500番
ルロッド:  カーペンター BLC84/18
リール: ソルティガ6500番
ルアー: カーペンター γ60相当

| コメント (0)

6月19日 相模湾キハダマグロ

130619megabass_maguro130619trigyapencil

130619megabass_pro
フィールド:相模湾 長助丸
アングラー:メガバスプロスタッフ 岡本、徳永、星奈
【コメント】本日はメガバスのビデオ取材で好調の相模湾へキハダ狙いで釣行。
本来は18日の予定でしたが南の強風で一日順延となりました。
当初の予定では前日からの強風が北風に代わって凪ぐ予定でした。
しかし今日も一日南風は吹き続けうねりと風でイワシが沈み、
マグロのハミはもちろんイワシボールもまったく見えせん。
オルポアとメガバスのNewジグミノー・X BLADZの釣りを
想定していましたがこちらは不発。
良型25~30cmのトビウオが何度も飛ぶのを見てトリジアペンシルに変更、
鳥の動きと船長が見るソナ-の指示で、誘いだしに反応が出だしました。
私と岡本さんで5発のあたりがありましたが、水温の低下かショートバイト、
最後まで粘って釣ったのがこの一本でした。

| コメント (0)

6月8日 マスタッシュ・クロダイガイド

130608kurodai130608kurodai2
フィールド:東京湾 ボートクロダイ
アングラー:八巻様
【コメント】梅雨明けから夏にかけて、高水温のこの時期、
東京湾奥クロダイのルアー落とし込みゲームに最適の水色になります。
連日の強風が続きなかなか良い日に釣行できませんでしたが、
無風べた凪の予報での釣行予定でしたが、実際は南の強風。
風裏を探しつつ新しいポイント開拓へ。
最初のポイントで、何発かのアタリをとりますが、
10m近い風でラインにドラッグがかかり釣りにくいことこの上ありません。
そんな中でも最初のクロダイは45cm。
次のポイントでも数発のあたりの後に釣れた魚が52cm。
その後も何回かのアタリとバラシがありました。
条件さえ整えば1船で2桁も釣れる時期です。

| コメント (0)

6月15日 沖縄GT

130615gt_2130615kasumi
フィールド:沖縄本島 GT
アングラー:鈴木様2名様
【コメント】3年連続となる沖縄本当でのGT釣行を報告します。
出発日は、相模湾のキハダが始まり後ろ髪引かれながら沖縄へ・・・
【第1日目】 1日チャーター 私と初GT拓海くんの2名 
天候は、ピーカンの沖縄らしい晴天、波も穏やかなベストなGT日和でした。
一番の狙いのエリアにも入ることができ釣果は、
GTバイト4発 2フッキング1キャッチ(10キロ)
カスミアジ1キャッチ、シイラ
エリアの水深は、5メートル前後の浅場。
ドラグ強めのスリリングなファイトが楽しめ非常にエキサイトできました。
初GT拓海くんは、ラインブレイクで残念ノーフィッシュ
第2日目】 午前チャーター、天候は、一転して曇り小雨
GTの反応もなく・・・ダツに遊ばれ・・・バイト1発のみでタイムアップ
天候や潮など合わず撃沈
今回、小型GTですがファイトスタイルなど学習でき
釣行日程の合間に家族サービスなど大変有意義な釣行となりました。
【タックル】
ロッド:EP85/36、TBL80/20
リール:ソルティガ6500H ラインPE8
 ソルティガ5000H PE6
ヒットルアー:BCγ60-180、ローデッド F180
【コメント】3年連続となる沖縄本当でのGT釣行を報告します。
出発日は、相模湾のキハダが始まり後ろ髪引かれながら沖縄へ・・・

| コメント (0)

6月16日 檜原湖スモールマウスバス

130616bass 130616bass2


フィールド:檜原湖
アングラー:川上様

【コメント】
ボート屋さんによると、浅いところに本格的に上がってくるのはこれからとのことで、
少し早い感じでしたが、一日楽しく過ごせました。

キャッチしたすべてがフリックシェイクのジグヘッドワッキーをひたすら放っておく感じで釣れたものでした。

| コメント (0)

6月17日 相模湾キハダマグロ

130618kihada
フィールド:相模湾 隠徳丸
アングラー:山崎様
釣果:キハダマグロ
ヒットルアー:オゴペン

| コメント (0)

6月16日 相模湾クロマグロ

130616kuromaguro108_1_2

130616kuromaguro108_3130616kuromaguro108_2
フィールド:相模湾 長助丸
アングラー:一寸木(マスキ)様、板原様
釣果:クロマグロ108.2㎏ ワタヌキ
ヒットルアー:ナナツボシ
【コメント】一寸木様は今回マグロは初チャレンジ。
板橋様は大島に通われているベテランで、板橋様のタックルをかりての釣果でした。
板橋様のタックルはMCworks'845にソルティガ6000GTにオーシャンマークスプールで
チューニング。PE8号フルドラッグにショックリーダー130lbという本気タックル。
イワシのベイトボールにナナツボシをキャストするといきなりのヒット、
魚はアッという間に250mを出し、ラインの残りが心配なので、
ドラッグを20kg以上にセット。
ロッドの限界を超えるドラッグにたまらずロッドが折れ、それから板橋様と交代し
1時間30分のファイトで上がったのがこのモンスターでした。

| コメント (0)

6月15日 相模湾キハダマグロ

130615kihada_3
フィールド:相模湾 弘美丸
アングラー:大川様
釣果:キハダマグロ 17㎏
ヒットルアー:カーペンターBCγ60

| コメント (0)

6月15日 相模湾キハダマグロ

130615yellowfin


フィールド:相模湾 邦丸
アングラー:河野様
釣果:キハダマグロ2尾 (22kg、19.5kg)
ヒットルアー:オシアペンシル150F、オシアペンシル115S、BC-γ30

| コメント (0)

6月12日 相模湾キハダマグロ

130612kihada_sugio
フィールド:相模湾 乗合船
アングラー:サプライズ 椙尾様
【コメント】
サプライズ椙尾様が平塚、庄三郎丸の乗合にて23㎏のキハダマグロを
釣られたので釣況いただきました。
「ここ数日相模湾のキハダマグロが絶好調なので、なじみの庄三郎丸より出船。
当日は台風12号のうねりと雨で大荒れ状態。
マグロはかなりの数が入っており、あちらこちらでボイルが起きて
イワシを突き上げていました。
マグロナブラの中にさまざまなルアーを入れてもなかなか反応しない中、
カツオのナブラの下にキハダがいるということで自社(サプライズ)のスギペンを使用。
3㎏のカツオ2本を釣り上げた後、横殴りでひったくるようにアタックしてきたのが
23kgのキハダ。
スギペンはマグロはもちろんカツオにも有効なルアーで、
今回のアクションはルアーの背中がわずかに沈むぐらい、
水面直下をスローリトリーブでした。
その後は風、波ともにひどくなり、帰港に3時間半を要しました。」
今年は昨年のより1か月も早く相模湾にキハダマグロが入ってきました。
湾内に入ったマグロは10月まで出ていかないので、
これからは数が増える一方でしょう。今年も期待大です。

| コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »