« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

10月12日 相模湾キハダマグロ

101012maguro1_4 101012maguro2_4  

【フィールド】神奈川県・相模湾 長井港 第八鈴清丸より出船 
【アングラー】戸田様、ご友人5名
【コメント】マグロ、ゲットおめでとうございます。
 戸田様よりレポートいただきましたのでご紹介いたします。

10月12日(火)、5人の仕立てにてカツオ狙いで出漁しました。

前日の情報でキハダが跳ねているので、マグロの用意もしてきてと
船長より話があったので一応マグロの用意をして行きましたが、
気分は戻りガツオ(笑)

当日西へ向けていざ出船、富士山を真正面に見ながら江ノ島を越え
大磯沖から小田原沖を2時間ほどワッチ。
なかなか鳥がまとまらず、10時過ぎたあたりからようやく鳥山が見え始めました。
キャストするもペンペンシイラばかりこれはまずいぞクルージングか?と思った矢先
キハダの群れが15匹ほどで左舷を通過しました。
一同「マグロだ!!」 カツオ狙いからキハダへ変更

潮色が悪くグリーン色濁り、朝の雨のせいか?川からの濁りか?空はドン曇り
午後からは竜巻すごい天気!
トップ、シンペン投げるもアタリ無し、食わなきゃ意味無いだろうと思い、
130LBのリーダーを80LBに下げる。船長はもっとスローにスローにを連発。
シンペンの投げっぱなしほったらかしで5秒。ギューン、きたぁー!
PE4号、リーダー100LB、40分の格闘の上無事ランディング
その後、鳥山を拾っていくが、活性の高い鳥山はほとんどペンペンシイラ。
2~300匹の鳥が海面で休んでいるように見え、水面に浮かんで何かを突っついて
いるような鳥を追い払うとその下から必ずキハダが! 
パターンを掴んだ! シンペン系のルアーなんでも何でも食ってくる! 

しかし、ヒットはあるが、80LBリーダー切れ、100LBリーダー切れ、
130LBリーダー切れ、リーダーがザラザラの逆剥け状態。
きっと一飲みなんでしょうね。あらためて先糸の重要性を知りました。
ラインブレイクしたキハダは、釣り上げたそれとは別物の50~80㌔はある群れでした。
タックル、ラインシステムは最強がよろしいようで?!
長くなったのでこの辺で…。  
今年もあと1回は行きたいと思います。
又、いい釣りが出来たら報告します。

| コメント (0)

9月28日 マスタッシュ・シーバスガイド

100929seabass_2 100929seabass_riplessbait_2 100929seabass_riplessbait2_2

フィールド:東京湾、マスタシュ・シーバスガイド

時間:19:00~24:00

アングラー:松村様

【コメント】秋の爆釣モード全開!!シーバスは食い気満々で、同じポイントで、
ワンキャストでバイトが数回ある状況でした。一か所から10数本をゲットするも、
パターンが合わないとまったく口を使ってくれません。釣果は40~60cm約30本位でした。
ただし、パターンが違うとまったく反応せず、その時々のレンジアジャストが重要でした。
ルアーはX-80beet、ビーフリーズ少し沈んだときはバイブブレーションX・スマトラ
ナイターの定番ルアー、リップレスベイト。リップレスベイトはSとFSを使い分けると
、写真の様に丸のみ状況でアタックしてきます。

| コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »