« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

10月11日 外房ヒラマサ 22kg!!

0910111_20910112_2

                                          

                       

                            

                           

                     

                  

                

                                                          

フィールド:千葉外房・山正丸
アングラー:柳澤様
タックル
ロッド:ソルティガ76ドッグファイト
リール:ソルティガ6500エクスペディション
ライン:ソルティガセンサー5号
リーダー:130lb
ルアー:ドラドスライダーヒラマサチューン                                                                          

【コメント】
この日は朝早く出船し、 4:30集合、5:30出航となりました。
釣り場には6:30より前に着いたと思います。
釣り場に着くとすぐに鳥山を発見し、 すぐに鳥山攻撃へ。
3~20kgのメジが跳ねておりましたが、 反応せず…
と思っていたら、直ぐに同行の永山さんのガンマにワラサがヒット!
跳ね出しを過ぎた後でしたが、ベイトが浮いていて、トップに出たようです。

その次の流しで今度はジグに8.3kgのヒラマサがヒット!
やはり中層より上でのヒットとの事で、魚が上ずっている事が分かりました。
その後、鳥がいて少し跳ねているものの、 食わない流しが数回続いた後、 
船長が一言『魚は同じところで跳ねてる』 と言って、もう一度同じ跳ね出しをせめる事に…
船が近づくと跳ねるのをやめてしまいましたが、 ポイントを目に焼き付けていた為、
ためらわずキャスト!しかし、まだポイントが遠く届かず… 船が少しずつ流れ、
3キャスト目でやっとそのポイントに届きました。
そこで気合いをアクションを入れると直ぐに大きな水しぶきを上げて魚が出ました!
バイトした瞬間魚が走ろうとしたので、 走る前に頭をこちらに向けたところ、
特に走ることなく寄ってきました。 魚は見たものの、15kgくらいか?と思い、
そのまま船のフォローも要れずファイトをしました。

しかし、残り20mを切った所でいきなりダッシュ!!
それまで船長はメジがヒットしたと思っていた様ですが、
ここでヒラマサと気が付いたようです。
気づいたらすかさずフォローを入れて下さり、10mまで寄せましたが、
そこから何度か10~20mを行き来しました。
すると何度目か10mまで上げたタイミングで、 水深25mから12mの高根に入り込み、
次に走られたら根ズレで、そくラインブレイクという状態。

春に口切れで20kgサイズをバラシているだけに、 バラシが怖かったですが、
一気に勝負を掛けました。

そして水面まで上がり、15kgは超えている事を確認。
しかし、網入れ出来ずにまた走られてしまい、 10m走ったところで魚を止め、
再び一気に水面へ。
そこで魚も観念したのか網に納まりました。
船に上がったときは歓喜の声が舞い上り、 私も思わずガッツポーズ。

15kgは超えている事は明らかでしたが、 18kgくらいと思っていた為、
陸上計測で22.1kgのサイズに驚きを隠せませんでした。

正直に嬉しいです。

春に見た、このヒラマサは20kgいってるという群のことを思いだすと、
今回のサイズはまだまだ小さい方です。
恐らくあの時の大きいものは30kgを超えていたのだと思います。
外房はまだまだ夢のあるフィールドですね!
次は30kgoverを狙っていきたいと思います。

今回釣ったドラドスライダーヒラマサチューンは、 今までのドラドスライダ-とは異なり、
テイルが暴れずに非常に良い泳ぎをします。 今後の活躍に期待したいですね!
今期はずっと大きいヒラマサがいるので、 外房ヒラマサ是非行ってみて下さい。

| コメント (0)

10月13日 多摩川シーバス

091013seabass   

  

  

  

  

  

フィールド:多摩川
アングラー:鹿野 様
ルアー:ダイワ/TDペンシル
釣果:シーバス71cm

  
【コメント】
久しぶりの多摩川シーバス。

この魚を取るまでに3バラシ…
もうダメかと思っていたら、多摩川の師匠S氏登場!
トップでサクッと65cm。

負けじとオイラも同じ所にルアーを通すとこの魚が釣れました。
有難うS氏!
有難う多摩川!

| コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »