釣果情報コーナー移転のお知らせ

いつもバスメイトHPをご覧いただき誠にありがとうございます。
  

釣果写真のご紹介など、今後は以下のページで紹介していく予定です。

Facebookページ
https://www.facebook.com/bassmate.info

fimoページ
http://www.fimosw.com/u/proshop_bassmate

 

今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

| コメント (0)

12月8日 マスタッシュ・シーバスガイド

131208guide

131208guide2

131208guide3


フィールド:東京湾シーバスガイド
アングラー:青木様ご一行様

【コメント】
この日は大物狙いで少し走って、すぐ2尾キャッチするも60cm位で後が続かず移動。
すると単発ながら青木さんのルドラに65、80cmがヒット、志賀さんにも90cm級がヒットするも船べりでバラシ。
アタリが少なくなったのでエリアをかえると極太の70upがヒット。
このポイントで数尾キャッチしてラストは大物をバラしたエリアを攻めるも小型を数尾追加して終了となった。
50~80cm18尾。

| コメント (0)

12月7日 マスタッシュ・シーバスガイド

131207guide

131207guide2

131207guide3

131207guide4


フィールド:東京湾シーバスガイド
アングラー:須藤様ご一行様

【コメント】
この日朝一はストラクチャーから攻め、二ヶ所目でアタリが出だし、宮田さんの73cm含め10数尾キャッチ。
その後移動の度にダブル、トリプルヒットを繰り返し100を越えたところで狙いを替え、ぼつぼつ良型をヒットさせ、ラストにまた宮田さんが73cmをキャッチして終了となった。
45~73cm、130尾。

| コメント (0)

11月30日 マスタッシュ・シーバスガイド

131130guide

131130guide2 131130guide3


フィールド:東京湾シーバスガイド
アングラー:奥野木様ご一行様

【コメント】
この日朝一は少し走って大物狙い。ぽつぽつアタリはあるが潮が動かず苦戦。鳥山も見つからず走り回り、途中連発する場所もあったが70up含め20尾程で終了となった。

| コメント (0)

11月24日 マスタッシュ・シーバスガイド

131124guide 131124guide2

131124guide3


フィールド:東京湾シーバスガイド
アングラー:佐藤様、国松様

【コメント】
この日朝一は、ちょっと走って狙いのエリアに行くとグッドコンディションの77cm迄の良型が連発。
その後移動したエリアでは単発や追っても食わない状態が続き、走り回りラストにぽつぽつ追加して終了となった。77cm迄10尾。

| コメント (0)

11月17日 マスタッシュシーバスガイド

131117guide

131117guide2

131117guide3


フィールド:東京湾シーバスガイド
アングラー:青木様ご一行様

【コメント】
この日は朝一からランカー狙いで出航。暫らくアタリなく、時折フッコサイズが来る程度。
移動を考えはじめた頃、志賀さんに待望のバイトで太った82cmをキャッチ。
潮が動き始めたのでシャローに移動し、西さんの76cmを含め良型のダブルヒット等で数尾キャッチして、元のエリアに戻り青木さんが80cm、西さんが76cmをキャッチ。
他70台数尾キャッチして終了となった。

| コメント (0)

11月9日 マスタッシュ・シーバスガイド

131109guide_2 

131109guide2

131109guide3


フィールド:東京湾シーバスガイド
アングラー:須藤様ご一行様

【コメント】
この日朝一は入れ食いポイントでシーバスとサバを数釣りしてから、ランカーポイントに向かい、須藤さん、宮田さんは共に70後半、八巻さんは82cmをキャッチ。
途中移動するもダメでラストに深場で70upを数尾追加して終了となった。

| コメント (0)

10月6日 マスタッシュ・シーバス、青物ボートガイド

131006kasago131006saba
131006seabass1131006seabass2
フィールド:東京湾ボートガイド
アングラー:保戸田様、山田様
【コメント】昨晩は青潮まじりの海況でシーバスの活性は低く、
沖の潮通しが良い場所のみ魚ッ気がありました。

天気予報では、昨晩からの雨も朝方には止み、
風も凪の予報でしたが、北の風が思ったより強く、
雨も時折パラツキ波気も結構あります。

南下して水の良いエリアに行こうかと思いましたが、
思ったより風が強く先週取材で良かった場所へと向かいました。

やはり水色は、この時期としては異常に澄んでいて、
貧酸素状況を呈しています。

風あたり側から攻めていくと、普段はショアフィッシングをされている
山田様が初のボートシーバスをゲット!

その後は、鉄板バイブ、テールスピン、メタルジグを使って
ポツポツと拾い釣りですが、シーバス、カサゴ、カマス、アジ、
サバと5目を達成。
厳しい釣りながらも、テクニカルでそれなりに面白い釣りとなりました。

| コメント (0)

10月5日 マスタッシュ・シーバスガイド

131005seabass1

131005seabass2
フィールド;東京湾ボートガイド
アングラー;佐藤2名様、西澤様
4日は朝からシトシトと霧雨が降って、
川の落ち鮎パターンが期待できる状況でした。
鮎は10月上旬のまとまった雨で川を下り、
河口に近いチャラ瀬で産卵を行います。
これを狙ってランカーシーバスが遡上するのです。
果たして釣果は・・・・・・。
ベストの時合でポイントに入ったのですが
落ち鮎やコノシロパターン、最強のS字形ジョイントミノー
メガバス・XSリンバランバを通しても、
X-80定番ミノープラグ、マリブSPゾンクなどの
実績シンペンを通しても、数回のあたりがあっただけで
魚っ気が待ったくありません。

海へ出て見ると潮が異常に澄みすぎで、
完全に青潮の兆候です。
川に上がるシーバスが少ないのも、
入り口が青潮で塞がれているせいかもしれません。

潮遠しの良い沖のストラクチャーをランガンして
数か所目で小さいながらも入れ食いに。
ここで、1時間以上途切れることなく釣れ続きましたが
サイズが伸びないので移動。

最後に入ったポイントで佐藤様(兄)が60cmを釣って
いただき終了となりました

| コメント (0)

9月25日 Megabasss動画取材

130925seabass_seina
130925seabass_seina_tackle_2130925seabass_seina_cutvib_2
フィールド:東京湾 ボートガイド
アングラー:疋田星奈さん
【コメント】
私と一緒にメガバス プロスタッフのメンバーとして活躍している、
疋田星奈さんをご案内して、東京湾のシーバスガイドに釣行しました。

星奈さんはバストーナメンターのキャリアを活かして、
今シーズンからメガバスのHPで疋田星奈のソルトチャレンジという
コーナーを持っています。

台風18号が関東を通る過ぎる前は、ガイドでまさに爆釣、
シーバス、イナダ、サバ、カマス、マゴチが釣れ盛っていた

取材当日9月25日は更に台風20号が関東地方に迫っており、
朝から雨模様で、風もだんだん強くなりつつありました。

船を出して近場のポイントを攻めますが、全く魚の反応がないというか、
海全体に生命感がありません。

水色も灰色というか、乳白色の水色で、本来この時期は高水温の為、
むしろ赤茶けたレンガ色をしているのが平常の水色です。

所々で死んで浮いている魚も見かけますし、完全な青潮の兆候です。

赤潮と青潮が混じると、赤潮のプランクトンが無酸素の青潮で死んで、
こんな灰白色の水色になってしまいます。

そこで、大きく移動することにして走行中、鳥山とイナダのハミを発見。
何度か狙って見ましたが、青物は足が速く追い切れません、

その近くのエリアで、水通しの良いストラクチャーにポイントを移すと、
ウネリと風波の打ち返しで三角波が立っています。

ここで星奈さんは東京湾、定番ルアーのメガバス・X-80をチョイス。

風当りから流して行って、潮が回り込んンだ壁際を流していると
ルアーをピックアップする寸前に良型がヒット。

釣り上げてみるとコンディションの良い63cmでした。

シーバスのポジションが壁際に張り付くようにステイしているので、
次に選んだのがメガバス・ソルティ シャッディング-X。

ルアーを変えて一投目からいきなりのヒット。
型は今まで以上ですが壁際ぎりぎりでのやり取りで、
リーダーが壁に擦れて残念ながらのラインブレーク。

次の一投にもアタリがありましたが、これはショートバイトで、
ルアーには乗らずバレてしまいました。
アタリが遠のいたので、少し深いレンジを探ろうと
メガバスの新作バイブレーションプラグ・カットバイブに変えて
1投目いきなりひったくるようなアタリ。

ラインブレークを避ける為に、ボートを壁際から離すように操船して、
激しい突っ込みを何回か凌ぎ上がってきたのが
抜群のコンディションの75cmでした。


| コメント (0)

«9月22日 午前便 マスタッシュ シーバスガイド